コラム

禁断of禁断。私たちが『達磨』に興奮する4つの理由は?大きな声で言えないけれど、実は好き。

SM描写、リョナ描写の中でもかなりハードな部類に入る『達磨』。今回は、この『達磨』の魅力を分析しつつお伝えしていきます。

現実でのプレイではそうそうできることではないからこそ、そのファンタジー性や深いフェチズムの世界には強い魅力があるのです。

そもそも『達磨』って?

達磨はその名前の通り、手足が切断されて無くなり「だるまさん」のようになってしまっている状態です。肩や太ももの付け根から切断されている場合と、足首手首・膝や肘などの途中から切断されている場合でも、アングラ界の広義では達磨と呼ばれます。当然ながら意図的に切断するのは犯罪となりますので、既に事故や生まれつきなどで手足が無い状態でのプレイとなります。

とは言え、SMやリョナを題材にした二次創作ではその限りではありません。特に達磨においてはリョナの側面が強く、キャラクターが五体満足の状態から拘束され、切断され、段々と達磨になっていくその過程ごとフェチズムとして楽しむ傾向にあります。手足が無くなり達磨になっていくキャラクターの絶望をエッセンスとして、その後のプレイに繋がっていくわけです。

もしくは「達磨状態にする」ことがゴールとなっている場合もあります。四肢切断=自分では生存できない状態になるわけですから、その相手の人生や精神も掌握できる立ち位置として読み手が君臨することができるのです。その全能感と背徳感と狂気が入り混じった感覚に快楽を覚えるという人も多いでしょう。現に私もその1人。

達磨の魅力って?

①全能感

全能感。まずこれは外せません。先にも触れましたが、達磨にされた相手は他者依存でなくては生きていけません。相手の四肢を切断することで相手の人生全てをコントロールすることができるという全能感は、達磨ならではの醍醐味でしょう。暴力や恐怖で支配するのではなく、実際に物理的に支配できるという快感です。

シチュエーションとしては、四肢切断の上でスマホなどの連絡ツールを一切持たせずに、娯楽のほとんど無いような部屋に監禁しておくことで洗脳の礎とします。1人でトイレにいけない場合はオムツやペットシーツなどを敷き、面倒を見ます。達磨にされた側は段々と人間としての尊厳を失っていきますので、相対してこちらの主従意識も高まっていくわけです。

②背徳感

当然あくまで創作物の範疇の話となりますが、自分が相手の四肢を切断するという犯罪行為をするにあたっての高揚感も、達磨の魅力には欠かせません。人間、どれだけ危険な思想を持っていても実際に行動に移すまでは体裁的に一般人と変わりません。ですが切断行為を行ってしまったとなれば、社会的にももう後戻りは出来ないという状態になります。いわば、目の前の対象を「飼う」か「殺す」かしかない。

誰かに相談できることもなく、自分と達磨相手との甘い秘密なわけです。この『2人だけの秘密』という限定的なシチュエーションが冷静な判断や視点を鈍らせ、より狂気じみた関係性へと倒錯していきます。

③エログロの残虐性

これを楽しめないことには、フェチズムとしての達磨を楽しむことも難しいでしょう。手足を切断するわけですから、当然大量の出血を伴います。骨がむき出しになり、ロープなどで無理矢理止血されたり、筋肉や脂肪がむき出しになる。普通の感性を持っている人でしたら、アニメや漫画のキャラクターであっても目を背けてしまうような描写です。グロ耐性がある程度無いととても見ていられませんよね。

だからこそ、達磨好きは多かれ少なかれ「残虐性」に興奮を抱いている傾向があります。肉体的な痛みや、その際に漏れる相手の悲鳴や涙などの反応を好み、それらを括ってフェチズムとして昇華していると言えるでしょう。血という強制的に自覚せしめる「痛みと狂気のサイン」があるほどに、非現実的な達磨プレイに現実性が増すのです。

④パニックに陥る相手の反応

これがある意味最も重要かもしれません。幻肢痛(げんしつう)という心身症があります。これは、怪我や病気によって四肢を切断した患者の多くが体験する疼痛であり、この場合は「手足が無いのにあるように感じてしまう」という症状を伴います。「今までそこに当たり前にあった手足が無くなってしまう」という惨状に、達磨にされた相手は戸惑い、呆然とし、叫びだし、自分を失い、絶望し、涙を流し、時には狂いだします。

そのパニックの過程も達磨の大きな醍醐味だと言えるでしょう。切断をしていくうちに段々と精神が蝕まれていく様子や、普段の相手からは聞けないような懇願の言葉や嗚咽など、まさにファンタジーや妄想の世界が目の前に現れたかのような光景です。理性が剥がされ、人間性や本能が丸裸になっていく過程はたまりませんよね。この快楽はやはりお互いにSMプレイに通じる所があるのではないでしょうか。

まとめ~達磨の『なに』に興奮をするのか分析してみよう!~

いかがでしたか?達磨プレイの魅力や醍醐味をご紹介しました!

大きな声ではなかなか言えないフェチズムの1つですよね。自分が達磨の『なに』に興奮を覚えるのかを分析することで、よりフェチの世界が広がっていきますよ!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました更新情報をお知らせさせていただくTwitterも宜しくお願い致します!→@SM_Romantica

この記事は、犯罪行為を推奨するものではありません。