アイテム

『ラバーの正しいお手入れ方法』を学ぼう!ケア用品が全て揃うショップ紹介も!

SMコスチュームにおいて切っても切れない素材がラバー。麗しいS女性のボンテージファッションから無様なマゾのラバースーツまで、その有用性は多岐に渡り特別なシチュエーションを裏付けしてくれます。

今回は、そんなラバーコスチュームのお手入れについてご紹介します!しっかりと丁寧にお手入れを行うことで、10年以上着こなすことも可能なラバー。正しいお手入れ方法を学んで、いつまでも心地よく美しく着用していきましょう!

ラバーをお手入れしないとどうなっちゃうの?

イベントやプレイで着用したラバーは、その日中にお手入れする必要があります。ラバー素材には吸水性・吸湿性がありませんので、内側には汗や皮脂がそのままこびりつき、外側には外気のホコリが付着してしまいます。これをそのままにしておくと……最短で1日程度でカビが生えてきてしまうのです。決して安くはないラバー、一晩のサボリで台無しになってしまうと考えると恐ろしいですよね。

カビはラバーの変色を招き、劣化にも繋がります。また1度付着したカビは洗い流してもまた生えてきてしまう可能性もあります。特にホワイトなどの薄いカラーのラバーは変色が目立ちやすく、1度生やしてしまうだけでもう人前で着られないほどになってしまうこともあります。

ラバーのお手入れをしよう!必要なものは?

ラバーを洗浄する時には、洗濯機などを使わずに必ず手洗いで行います。その際に必要なものは中性から弱酸性のボディーソープ、できればラバー専用の洗浄剤です(beGloss Special Washなどが有名ですね)。専用の洗浄剤を使うことで、洗い終わった後のラバー同士の「くっつき」を防止します。

またアフターケアのためにドレッシングエイドかベビーパウダーも用意しておきましょう。さらには(こちらはラバー購入時に一緒に購入しているかもしれませんが)保存用に大判のジップロックなど密閉性の高い袋を用意しておきます。

ラバーの洗浄方法!「優しく擦らずに」が大切です。

もっとも簡単なラバー洗浄方法は、シャワーを浴びる際に一緒に洗ってしまうことです。最初に内側と外側を簡単にシャワーで流し、洗浄剤かボディーソープを使って洗っていきます。この際にはゴシゴシとは洗わずに、優しく撫でるように洗ってあげることがポイントです。ラバーの劣化や傷付きに繋がらないように柔らかく洗ってあげてくださいね。

洗ったら内側と外側を軽くタオルドライし、そのまま陰干しで乾かしていきます。この際、絶対に日光やドライヤーには当てないことです。ラバーは日光と酸素に弱く、劣化に繋がります。日の当たらない場所で乾かせばOKです。

その吸水性の低さから、ラバーは陰干しでもとても早く乾いてくれるのが魅力。とは言えジッパー部分などには吸水性がありますので、その周辺はしっかりと乾かしてあげるように心がけてください。

「くっつき」を防止するために

ボディーソープを使うことで特に生まれやすい「くっつき」。これを防止するためには、洗浄後に乾ききる前にベビーパウダーかドレッシングエイドを塗布することが大切です。軽く全体に塗布するだけでくっつきを防止し、ラバーの傷付きを抑えます。決して無理矢理剥がさないようにしてくださいね!

乾いた後の保存方法も大切!

ラバーが乾いたら、大判のジップロックに入れて保存します。この際ラバー自体は丸めても畳んでも構いませんので、必ず空気をしっかりと抜いて密閉できるようにしましょう。酸素が入ることで劣化に繋がり、白く粉っぽい見た目になってしまうのを防止するためです。

ラバーを入れたジップロックは日光の当たらない場所に保存しましょう。できれば冷暗所などが最適です。またその時に、黒いビニール袋に入れておけばなお安心でしょう。基本的にはそのまま放置で問題ありませんが、数ヶ月間着用の機会が無い場合は時折様子を見てあげると安心です。正しく密閉できているかどうか、空気が入って劣化してしまっていないかなどをチェックしてあげましょう!

事前に光沢剤を塗布すると次回が楽に!

さらには保存の前に光沢剤を塗布しておくことで、次回着用の際の手間が省けます。特にポリッシャーを塗布しておくことで保存中に成分がしっかりと浸透してくれて、より深みを感じさせる光沢になってくれます。ぜひお試しくださいね。

また、以上にご紹介した洗浄に必要なアイテムを全て揃えられるのにおすすめなのがKurageさんのオンラインショップ。日本屈指のラバーショップであり、ご存知の方も多いでしょう。池袋にて店頭販売も行っていますので急ぎの際にも安心かと思います。ケア用品以外にもオリジナルラバーのディティールも非常に美しく、ラバーに興味がある方はぜひ1度ご覧ください。

まとめ~長く美しく使うために~

photo by atomtetsuwan2002

いかがでしたか?ラバーの正しいお手入れ方法をご紹介しました。

正しくお手入れをすることで短くても5年、長ければ10年以上使用することができるラバー。自分の手でお手入れをするからこそ愛着も沸き、光沢も映えるというものです。面倒臭がらずにしっかりとケアをしていきましょう!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました更新情報をお知らせさせていただくTwitterも宜しくお願い致します!→@SM_Romantica