アイテム

SMアイテムの登竜門。「バラ鞭」の選び方とその魅力。

と言えば、SMアイテムの代表格

その中でも今回ご紹介するバラ鞭は、SMに関わりの無い方々にとっても「なんとなく目にしたことがあるもの」だったりします。

バラエティ番組でSMを模したコントに使われていたり、SMがテーマに関わる逸話などにもバラ鞭は登場していますよね。なので、ビジュアルとしての認知度は高いのです。

 

View this post on Instagram

 

Tokyo Desireさん(@tokyo.desire)がシェアした投稿

そんなバラ鞭ですが、やはり日常生活においては触ったことが無い人が大多数。ですが、ここをご覧になっているマゾ男性既にバラ鞭を打っていただいた経験がある人も多いのではないでしょうか。

今回はSMの登竜門でもあるバラ鞭について、ご紹介したいと思います。

そもそも「バラ鞭」って、どんな鞭?

 

View this post on Instagram

 

蒼由益(Ayumi)さん(@someayu6123)がシェアした投稿

SMアイテムである鞭にも様々な種類があります。

キツい打撃が骨まで響く一本鞭、打つのにも小道具としても用途が広い乗馬鞭……。

そしてバラ鞭の特徴はその名の通り。「先端の打撃部分がいくつかにバラけている鞭」のことを指します。(薔薇の棘が付いた薔薇鞭……ではありませんよ。でもそんな鞭があったら、オシャレで可愛い。(>_<*)

6本に分かれているバラ鞭は六条鞭9本に分かれているバラ鞭は九尾鞭と呼ばれています。

ですがSMプレイの幅が広がっている現在では、バラの本数に細かな括りは無くなってきています。基本的には「バラの数が多いほど初心者向け」です。

バラ鞭の痛みと音

 

View this post on Instagram

 

Studio9_FetishStudioさん(@studio9fetish)がシェアした投稿

鞭は、本数が少ないほどに痛みが打点に集中します。そしてバラ鞭は打点が多いので、その分痛みも分散します。

先端がバラけますので痛みは広範囲に渡りますが、その痛みは骨までは届かず、あくまで皮膚の表面のみに留まります。

まさに「広く、浅く」の鞭が、バラ鞭なのです。

ですがバラ鞭は、打った時の音はかなり派手。これは、打撃部分が分散しているからこそです。

何種類かの鞭を打っていただいたことのあるマゾ男性なら周知かと思いますが、鞭は「打撃音と痛みが反比例」していくもの。音が派手なバラ鞭はそれだけ痛みも薄いのです。

なのでパフォーマンスとしてのSMに向いている鞭だと言えます。痛みは少ないのに、見た目も派手、音も派手。そういった意味でも「SM入門編の鞭」であると言えるでしょう。

打つ時のポイント

 

View this post on Instagram

 

Studio9_FetishStudioさん(@studio9fetish)がシェアした投稿

バラ鞭を打つ時のポイントは、まずは躊躇わないことです。

ただでさえ威力が分散してしまいがちなバラ鞭ですから、少しの躊躇いでガクッと痛みが分散してしまいます。

もちろん、柔らかな痛みから調教をしていく分にはこの限りではありません。痛みの具合を段々強くしていくようなコントロールがしやすいのも、バラ鞭が初心者におすすめな由縁です。

そしてもう1つは、精密な場所よりも「広い面」を狙うこと。

そもそもバラ鞭は先端がバラけているわけですから、狭い的を的確に打つのには向いていません。

背中や、お尻、おなかなど、「広い面」に向けて放つことで、バラ鞭らしい音と痛み、そして甘美な痕を残すことができるでしょう。

バラ鞭は、一本鞭のように「クッキリとした痕」は残りづらいです。その代わり、色づいた少女の頬のような「ぼんやりとした紅色」に背中が染まっていきます。

肌色から紅へと、段々と染まっていくグラデーションが、官能的なのです。まるで真っ白なキャンバスに自分で絵を描いていくような、そんな気持ちになります。

バラ鞭の素材選びについて

 

View this post on Instagram

 

BoogieCatWhipsさん(@madstarspider)がシェアした投稿

忘れてはいけない素材選び。痛みの少なめなバラ鞭と言えど、素材次第ではかなり達成感のある痛みを感じることができます。

まず、最も痛みが少ないものは……布製こちらはほとんど「格好だけの痛み」と言っても過言ではなく、モノによっては弱めの平手打ち程度の痛みしかありません。余韻もほぼ無いです。バラ鞭を形だけでも経験したいというマゾはこちらで充分。

そしてある程度の痛みを感じられるのは、合皮布製と比べると音がかなり派手になり、痛みもじんわりと甘美なものに変わってきます。しっかりと「鞭の痛み」を感じられる打撃になりますので、まずは合皮の痛みに慣れていくことからです。

本格的な痛みを楽しみたいのであれば、本革です。見た目は似通っていても、合皮より遥かに鈍く響く痛みになり、音も鈍いものになります。バラ鞭は初心者向けではありますが、本革製のバラ鞭を受けられるようになれば「打撃系マゾ」としては充分スタートラインに立てているのではないでしょうか?と、個人的には思います。

比較的手に入れやすいバラ鞭の中で、最高峰の痛みを教えてくれるのは……ズバリ、ゴム製です。音はバチンと低くこもり、しっかりと痕が付くような熱い痛みです。質量が高く跳ね返りが少ないので、ジーンと余韻が残ります。

合皮などと比べると、同じタイプの鞭とは思えないでしょう。ゴム製となると打っていただくS女性側の負担も(重いので)大きくなりますので、プロ相手でなくてもワガママはいけません。

まとめ~自分に合うバラ鞭を無理なく選ぶこと~

 

View this post on Instagram

 

akさん(@iove.maze)がシェアした投稿

今回はバラ鞭についてご紹介しました。高級なものになってきますと、数万円は当たり前の世界です。

素材長さはもちろん、グリップ感実際に打っていただいた時の質感を加味しましょう。上級者向けの鞭になれば、自分に合うものを「手に取って」選んでいきたいものですね。

自分用のバラ鞭を持参すると、S女性との信頼感も生まれます。まずはSMショップに赴き、実際にバラ鞭を触って確かめてみてはいかがでしょうか。ソフトなものでしたら、試しに通販で購入してみるのもアリですよ!まずは行動、行動です。