diy

パラフィンワックス使用で低温で溶けるっ!『SMプレイ用の低温ろうそく』を作ろう!

プレイ用の蝋燭を手作りしたいけれども、普通の蝋燭を溶かして作るだけでは融点が高くて熱すぎて、危なくてプレイに使えない……。そんな時は、低温で溶けてくれるパラフィンワックスを使いましょう!

今回は、パラフィンワックスを使った低温蝋燭の作り方をご紹介します!自分で温度やカラーも調節して、オリジナルキャンドルを作ってプレイに活かしていきましょう

手作り低温蝋燭の材料

  • パラフィンワックス……200g
  • ホーロー鍋……1つ(湯せんを使う場合は普通の鍋でもOK)
  • 紙コップ……1~3個
  • 染料(無くてもOK。クレヨンなどでも代用できます)
  • 芯……10cm程度
  • ガムテープ……適量
  • 竹串……1本
  • 温度計
  • 計量器(お菓子作りなどに使う通常用でOKです)

今回ご紹介する作り方では、2色で着色をする方法でご紹介します。もちろん1色の着色でも作れますのでお気に入りのカラーでぜひ試してみてくださいね!2色の着色の場合は、縦に2等分されたグラデーションの完成品になります。

手作り低温蝋燭の作り方

①パラフィンワックスを溶かす

200gのパラフィンワックスをホーロー鍋で溶かします。湯せんの場合は下に水を張った鍋を敷いて加熱し、その上に耐熱性のボウルを乗せてパラフィンワックスを溶かします。

②芯を浸して取り出す

溶けたパラフィンワックスの中に芯を入れてよく浸してから取り出し、ティッシュでワックスをしごいてふき取ります。これにより、芯がコーティングされます。

③芯をセットする

コーティングした芯の片側を軽く結びます(後からほどける程度に軽くでOKです)。紙コップの底面に竹串で1つ穴を開けて芯を通し、ガムテープで固定させます。完成した蝋燭よりも芯が高くなるように調整します。

④ワックスを紙コップに注ぐ

溶かしたワックスの温度を計り、80℃程度で紙コップに注ぎます。蝋燭に着色をする人は、2つに分けて紙コップに注ぎます。ここで着色料を使って色を付けます。

⑤ワックスの温度を下げる

注いだワックスに膜が張ってきたら割り箸でかき混ぜていきます。トロトロの状態になってくるのでそのままかき混ぜていると、みぞれのような質感になってくるのでそこでストップさせます。紙コップを傾けた時に滑らかに流れてくる程度がベストです。

(⑥2色のワックスを注ぐ)

着色している人は、ここでトロトロに溶けたワックスを2色同時に空の紙コップに注いでいきます。

⑦紙コップを剥がす

ワックスがしっかりと固まったら、優しく紙コップを剥がせば完成です。芯の長さをカットして丁度良い見た目に調整しましょう。

手作り低温蝋燭の形の形成に使える材料

  • 紙コップ

何より手軽!なことが魅力の紙コップ。家に余っているという人も多いのではないでしょうか。形は限られますが、リーズナブルに手軽に揃えたいのなら1番です。

  • アルミ製モールド

アルミ製のモールドは大小のサイズが取り揃えられているのが魅力。紙コップよりも綺麗な円柱に近い蝋燭が作れます。もちろん円柱以外にも様々な形が販売されていますのでチェックしてみましょう!

  • シリコン製モールド

複雑な形にも対応しているのがシリコン製モールド。SMらしいオーソドックスな形ではなく個性的なデザインにこだわりたいのならこちら!彫刻のような繊細な形にも対応していますが、パラフィンワックスのザラついた特性を理解の上利用していきましょう。

手作り低温蝋燭の着色に使える材料

  • クレヨン

子供用のクレヨンでOKです。細かく砕いて使用します。カラー同士を混ぜ合わせてオリジナル性の高いグラデーションを作りやすいのがメリットです!プレイ用蝋燭に限らず、DIYキャンドルの着色と言えばまずおすすめ。

  • 絵の具

油性の染料としてクレヨンの次におすすめなのは絵の具。肌への付着を加味した上で選んでいきましょう。

  • 固形染料

蝋燭作りの着色に特化した固形染料は、質の高いカラーリングができてイチオシ!少量でもしっかりと色が入りますので、少しずつ状態を見ながら含ませていきましょう。

手作り低温蝋燭の注意点

まず1つ目は、パラフィンワックスに使用した道具は他の用途には絶対に使わないようにしましょう。特に食品用などに使うのは厳禁です。

また安全性を高めるために、化学繊維の芯は使わないようにしましょう。プレイ中、うっかり芯を落としてしまった時に大きな火傷をしてしまう可能性があります。

火の元の安全は言うまでもありません。それとは別に、製作中のキャンドルを床に落としてしまわないようには要注意。カーペットなどで固まってしまうと泣きたくなるほどに取れません(;ω;)

まとめ~手作り蝋燭で熱くて甘~いキャンドルタイム♡~

いかがでしたか?手作り低温蝋燭の作り方についてご紹介しました!

パラフィンワックスの配分によって融解温度を上下させることができますので、安全に配慮しながら(1番重要!)あなただけのオリジナルな温度と見た目の蝋燭を作ってみてくださいね!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました更新情報をお知らせさせていただくTwitterも宜しくお願い致します!→@SM_Romantica