アイテム

スパンキングに欠かせない『ケイン』!歴史は?種類は?痛みやプレイのポイントも!

スパンキングアイテムと言えば絶対に欠かせないアイテムの1つ、ケイン

今回は、このケインの魅力やプレイについてご紹介します

ケイン処女のマゾはもちろん、ケイン初心者マゾもぜひチェックしてみてくださいね!

ケインの定義は?ケインと鞭は違う?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naoyuki Inoueさん(@kaktuz1977)がシェアした投稿

そもそも、ケインとはどのようなアイテムのことを指すのでしょうか?鞭との違いも気になりますよね。

結論から言うと、ケインとは鞭の種類の1つです。元々は「木や竹を削って作られる短い鞭」のことを指しています。

そもそも「鞭」とは、手持ち部分に皮などの紐状の素材を取り付けた道具だとは限りません。鞭はより広義なものであり、元々は「人間や動物を打つための細長い竹の棒」を指しているのです。

なのでケインもそんな鞭の一種類。昨今は「しなる紐状の素材」が付いているものは鞭、そうでない打撃系がケイン、と呼ばれることが多いですが(乗馬鞭を除き)、ケインも鞭の仲間だということは覚えておきましょう!

ケインのルーツもお仕置き道具!

マゾへのお仕置き道具、調教道具としても愛用している人が多いケイン。元々のルーツもお仕置き道具としての歴史があります。

ケインがアイテムとして広まり始める前は、ケインという言葉そのものが「植物の茎」という意味で使われていました。特に藤やラタンなど、細くで弾力性のある植物の茎を指すことが多かったそうです。

ケインは非力な人や女性でも扱いやすく、その上で強い痛みを与えられるアイテム。そのため、イギリスの学校や家庭では伝統的にケインが「子どもへのお仕置き用アイテム」として普及されていました。

武器、というよりも「刑罰用道具」としての側面がケインとしての歴史なのです。なので今SMアイテムとして使用されるのは、歴史のルーツに適っていることだとも言えるでしょう(・ω・*)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SFPさん(@spankflix)がシェアした投稿

またイギリスだけではなく、古代中国や古代日本でも刑罰に使われていた歴史があります。その際には革紐など取り付けた鞭とは別に、笞(ち)、杖(じょう)と言った木の棒が用いられてていました。

とは言え現在では虐待や懲罰への意識の変化や、人権意識そのものの発達や変化により、ケインが教育や躾の場で使われることは無くなりました。その分、SMプレイの一貫であるスパンキングとしてのケイン文化が発達しています。

ケインで叩くのも「スパンキング」?

 

この投稿をInstagramで見る

 

My Ladyさん(@myladylondonmistress)がシェアした投稿

ケインで叩くのも、平手打ちで叩くのも、または他の道具を使って叩くのも……全てにおいて「叩くプレイ」というとスパンキング、と一括りにされている側面もあります。確かにそれはあながち間違いではありません。

スパンキングの中にも様々な種類があるのです。ケインで叩くスパンキングのことは「ケイニング」と呼びます。「ケイング」ではなく「ケイニング」です。これも覚えておきましょう!またケインだけではなく藤(とう)で叩くプレイも、ケイニングと呼ばれます。

プレイにおけるケインと「しなり」

 

この投稿をInstagramで見る

 

A&A Manifattura artigianaleさん(@aeamanifatturaartigianale)がシェアした投稿

プレイに使われるケインには様々な素材があります。ざっと並べるだけでも

  • プラスチック
  • グラスファイバー
  • 合皮
  • 本革
  • ラバー
  • 木製
  • 竹製
  • スチール

など……。この中で、プラスチックやスチールなどはいわゆる「しならないケイン」です。しならないケインの場合は、テニスラケットのように振り下ろすような形での打撃となります。

この際は、やはりケインそのものを振り上げた時のビジュアル的な恐怖感もあり「叱責」「お仕置き」としての側面が特に助長されると言えるでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

meeraさん(@meera_cb)がシェアした投稿

そして竹製や合皮製などは「しなるケイン」となります。しなる場合は、そうでないケインとはまた違った魅力があります責め手側は、ケインの先端を持ちまるで弓を引くような素振りでマゾの恐怖心を煽ります。

また実際に叩く時にも、最初の打撃とさらに鞭のしなりによる反動の打撃を両方共楽しむことができます。基本的には「しなる乗馬鞭」のような感覚です。

ケインの痛みはどんな感じ?

ケインは細い棒状のアイテムとなりますので、表面的な痛みが刺さるように広がります。後からもジンジン響くような痛みで、素材は勢いによってはもちろん出血も伴ないます。

使い方によっては皮を抉り取り大きな怪我をさせるアイテムですので、責め手側もコントロールができるようになるまでは、試し打ちから少しずつ程度を強めていくことが大切。線上に刺激をされることで、強い蚯蚓腫れになりやすいことも特徴です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shirtless Majordomoさん(@shirtless.majordomo)がシェアした投稿

しならない素材であってもやはり細いので、骨まで響くような痛みは稀です。ケインの先端をヒットさせるように、背中などの広い面やお尻など肉厚の面で練習をしていただくと良いでしょう(・ω・*)

まとめ~鋭い痛みで「お仕置き」感満載!~

 

この投稿をInstagramで見る

 

Benio.the.Dominatrixさん(@kaleidoskopisch.tokyo)がシェアした投稿

いかがでしたか?ケインの歴史やプレイなどについてご紹介させていただきました!

見た目の細さやしなやかさからは想像もできないほどに、鋭く強い痛みを与えてくれるケイン。素材やしなりによっても痛みの種類は広がります!鞭とはまた違った甘美な世界を、ぜひ体験してみてくださいね

今回も最後までお読みいただきありがとうございました更新情報をお知らせさせていただくTwitterも宜しくお願い致します!→@SM_Romantica