マナー

非日常こそ常識が必要!『旅館でのSMプレイ』で絶対に守るべき6つのマナー

SMとは、日常から離れたものだからこそ興奮できます。普段のホテルでのプレイにマンネリを感じると、旅館などの旅先でのプレイに憧れる人も多いかと思います。

ですが、旅館でのSMプレイは配慮をするべきことがいっぱい。今回は、旅館でのSMプレイに関する6つの注意事項をご紹介します!最後まで誰も嫌な思いをしないような、素敵な非現実を楽しみましょう。

①プレイに使ったゴミは自分で持ち帰る

まず1つ目は、プレイに使ったゴミは自分で持ち帰ることです。自分の家で出たプレイのゴミは自分で片付けることができますが、旅館のゴミ箱に捨てたゴミは従業員の方が処理することになりますよね。

当然のことですが、旅館はラブホテルと違ってセックスやプレイを想定されてはいません。コンドームなどの性的な汚物は自分で捨てるのがマナーです。もちろん蝋燭など他のものも対象です。

いわゆる「一般的な宿泊では出るはずが無いゴミ」は、自分で持ち帰りましょう。これは持ち帰るべき?と迷うものは全て該当すると思って差し支えありません。

②貸切温泉でのプレイはおすすめできない

2つ目は、貸切温泉でのプレイはおすすめできないことです。満天の星空の下や開放的な場所でのSMプレイ、憧れますよね。ですがSMプレイにおいては衛生面を考えると避ける方が良いでしょう。

アナルプレイなどで雑菌が入る可能性がありますし、「声漏れ」への配慮を完璧に行う難しさもあります。また精子などを流すのもモラル的にはアウトと言えるでしょう。

貸切温泉はその時間は自分達だけのものですが、結局のところは誰しもが使う公共スペースです。「貸し切っているのだから何をしても構わない」というわけではないのは、客室と一緒です。

③死角でのプレイは避ける

3つ目は、死角でのプレイは避けることです。旅館では気持ちも開放的になり、客室のベランダや庭園などでプレイをしたいという気持ちも出てくるでしょう。特に露出が伴なうプレイ好きにとってはそそられます。

ですが、完全な死角としての配慮をされているかどうかは、客である私達には想定できません。従業員専用の通路や出入り口は分かりづらく作ってあるのが定石ですし、温泉と同じく声まで配慮できるかという問題も出てきます。

もしものことがあっては、出禁で済めば良い方。他のお客さんから「露出狂がいる」クレームが出て旅館の評判を落としてしまっては、あなたには責任が取れません。SM以前に、冷静な大人としてのモラルの問題です。

④撮影はトラブルの種になる

4つ目は、撮影はトラブルの種になるということです。一般的な男女の恋愛トラブルと同じように、それが例えSMの関係であったとしても、セックスに該当するような極めてパーソナルな動画は、残すべきではありません。

普段のプレイであれば「顔を隠しているから」ということで撮影をしているかもしれません。流出をしたとしても個人を特定できないから安心、という気持ちもあるかもしれません。

ですがラブホテルでもない旅館の場合はそれを見た人に「ここはどこだ」という詮索を介入させてしまいます。本来は常識的にはNGである場所でプレイを行ったとなれば、後々の余計なトラブルに発展しかねません。

⑤汚れを残さないように最大限の配慮をする

5つ目は、汚れを残さないように最大限の配慮をすることです。特に気をつけたいのが、蝋燭プレイ。【SM初心者必見】今から始める『蝋燭プレイ』!基本の楽しみ方や注意点は?でも取り上げた通り、蝋燭でのプレイは汚れへの配慮が大前提となります。

フローリングはもちろん、絨毯や畳に付着してしまったら、まず取れません!それはもう、絶望的に取れません。張替えやクリーニングとなれば、小さい金額では済まないでしょう。汚れへの配慮は自分のためでもあるのです。

⑥防音設備は全く無いものと思うこと

最後は、一般的な旅館には防音設備は全く無いものと思うべきだということです。当然と言えば当然ですよね。基準としては「自分の家でセックスやプレイをする時の防音配慮では足りない」ということです。

鞭打ちの音はもちろん、喘ぎ声や暴れる音なども普段以上に気を付けなくてはいけません。旅館側からクレームが来てしまったとあっては、申し訳なさはもちろん恥ずかしさも一際ですよ!

隣の部屋には、ゆっくりと休暇を楽しんでいる人がいるかもしれません。小さな子供が寝ているかもしれません。周りの宿泊客に対する想像力を持ち、モラルあるプレイを心がけましょう。

まとめ~1人の大人として配慮と想像力を~

今回は、旅館でのSMプレイの注意事項についてご紹介しました。

基本的には「迷ったらやるな」が正解です。音に関しても汚れに関しても、判断に迷うグレーゾーンであれば安全策を選ぶのがルールです。

旅行先での非現実的な場所でのプレイは、楽しいものです。だからこそ、普段なら持てているはずの大人としてのモラルを失わないようにしましょう!