アナル

NO人工肛門!知ってます?『正しいアナルプレイの知識』!中出しダメ絶対。アナル洗浄リンクも!

こんにちは!少しお久しぶりになりましたね。昨日の夜、友人のTwitterで気になる投稿を見つけました。

「アナル中出し、マジで腹壊す」。

あ、これ、ちゃんとアナルプレイの危険さを今一度伝えなければ!と思い、改めて纏めさせていただきます。中出しはもちろん「アナルを傷つけること」が危ない!マゾの皆様もアナルの繊細さはお分かりでしょう……。気を付けすぎる、くらいで丁度良い!

アナルプレイはなぜ危ない?

SMプレイにおけるアナルプレイの危険性、それはそもそもが「アナルは『出す器官』であり、『入れる器官』ではない」ということ。ここで驚いている人はお尻ぺんぺんの刑です。笑

アナルは外側から広げられる筋肉の作りにはなっていないのです。便を出すのに必要な筋肉は、直腸内にある肛門括約筋。アナルプレイで「入れる」という行為で、既にアナル・直腸への負担は避けられないということですね。

危険!直腸は「痛みを感じない」

これ、知ってましたか?少しの引っかかりでも傷を付けてしまいやすい、とても繊細な直腸。その直腸の粘膜の部分にはなんと痛覚が無いのです。切ったり怪我をしてしまっても痛くない、って怖いですよね。

アナルの痛みにばかり気を取られて直腸を乱雑に扱ってしまうと、怪我をしても気付かずに分からないまま。まだ初心者なのにも関わらず大きすぎる異物を混入させたりハードなフィストを行うと、加減が分からずに直腸が傷ついてしまいやすいのです。

最悪は……人工肛門?!

柔らかい直腸の粘膜が意図せず傷ついてしまっても、痛みが無いのでファーストエイドまでの時間が送れがち。すると傷ついてしまうだけではなく、恐ろしいことに穴が開いてしまう可能性も出てきます。

そうすると……最悪の場合、人工肛門にせざるを得ない状態になってしまう場合があるのです。楽しくSMプレイをしていたのに人工肛門、だなんて非現実的なイメージかもしれませんが、これはアナルプレイを楽しむ人にとって決して遠い話ではないのですよ。

アナルプレイは、あなたの一生を左右させるほど危険な行為である。受け手も責め手も、これを常に念頭に置いてくださいね!

絶対ダメダメ!アナル中出し

またこちらはS男性・M女性や男性同士のプレイになる話ですが、アナル中出しは絶対にご法度。ほんの少しでもアナルや直腸に傷が付いてしまうことで、細菌感染をしやすくなる状態になります。

性病だけではありません。HIVを含めた様々な病気の感染率が高まってしまいます。アナルやペニスを完全に洗浄することは難しく、100%お互いにキレイ!という状態はほぼ作れません。

重篤な性病には何年もの潜伏期間があるものもあります。肛門射精をすることで自分も相手も性感染症を患ってしまう確率がグンと上がってしまうことを覚えておいてくださいね。

アナルプレイで感染するリスクのある病気(一部)

  • クラミジア
  • 淋病
  • HIV
  • 梅毒
  • 性器ヘルペス尖圭コンジローマ
  • A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎
  • 赤痢アメーバ症
  • 白血病

もちろんこれらはまだまだその一部。「普通のセックスよりもアナルセックスの方がよりリスクや危険性が高まる」ことは覚えておきましょう。もちろんペニスの挿入の無いSMプレイであったとしてもこれらの危険性を忘れずにいてくださいね。

「挿れる」だけじゃない感染のリスク

セックスという形ではなくても粘膜感染は当然起こりえます。その代表例となるのがアナル舐め。挿入行為の無いSMとして、素人S女性ともアナル舐めプレイを楽しんでいるマゾも多いのではないでしょうか。

舐められる側は相手の喉から感染し、舐める側は相手のアナルから感染します。本来はできるだけ唾液を含めた粘膜感染は避けるべき。口内完全除菌はできることではありませんからね……。

正しい洗浄方法を覚えよう!

本格的なアナルプレイを楽しみ始める前に、絶対に覚えておきたいのが正しいアナルの洗浄方法です。ここができていないと、男女共にコンドームや衛生具を付けていても感染率が高まります(もちろんニオイもする(・ω・*))。

シリンジにも様々な種類がありますので、自分に合うものを探しておきましょう。相手の手を煩わせることなく、自分で自分の尻の面倒を見れてこそ一人前です!

『アナルプレイ初心者必見!アナル洗浄のポイントやほぐし方のコツ☆』の記事にて、詳しく洗浄方法を纏めてあります。アナルマッサージのコツも纏めてありますのでぜひご参考ください!

まとめ~NO人工肛門!正しい危機感を持って楽しもうアナル性活~

いかがでしたか?アナルプレイの危険性や注意点について、今一度纏めをさせていただきました。

アブノーマルなプレイであるからこそ、その安全性は何度でも確認しておくべき。慣れてきたと思った時が1番危ない!素敵な時間を過ごすためにも、安全面では手を抜かずに冷静な自分を飼っていましょうね

今回も最後までお読みいただきありがとうございました更新情報をお知らせさせていただくTwitterも宜しくお願い致します!→@SM_Romantica