プレイ

今日から始める『乳首開発』♡素手から円皮鍼、オロナイン軟膏まで!

プレイにおいて最も重要な要素の1つが「感度」……。感度が良いマゾは反応もいじらしく可愛らしく、S女性に愛される由縁となります。

そこで今回は、今日から始められる乳首の開発方法をご紹介します!フェザータッチでも甘い声が漏れてしまうような、スケベな敏感チクビを目指して張り切っていきましょうっ

1.円皮鍼を使う

 

View this post on Instagram

 

rinaさん(@riricha23)がシェアした投稿

結局のところ、乳首は「常習的に、定期的な刺激を与え続けている」ことで開発されます。常日頃から一定の刺激を効率的に与えることが開発において何より重要であり、最短の近道となります。そこでおすすめするのが円皮鍼

円皮鍼は、小さな針と磁石と粘着テープ(絆創膏)が合体した「健康用治療器具」。いわゆる「針付きの磁石テープ」です。本来は肩などのコリが辛い部分に貼ることで血行を良くするものですが……これを乳首にペタリとすると、まろやかにチクチクとした刺激が1日中続きます!もうこれは乳首開発のために作られた神器でしかないと思わせる効率の良さ。

注意としては皮膚に貼り付けるものなので絆創膏などでかぶれやすい人は注意です。また磁石は取らないで使いましょう!本来の安全な針の状態で使うのが大事です。違和感を感じたらすぐに外すことも忘れずに。

2.素手を使う

乳首の開発を意識したことがある人は必ず1度は通る道、それが「素手での開発」。人知れず自室で乳首をいじり、擦り、引っ張り、撫でて、セルフ開発を目論んだ経験がある人はとても多いことでしょう。手での開発にはいくつかのコツがあります。

まずは乳首を指で優しく挟んで、左右にそっと回転させてみましょう。1分~3分程度刺激を与えれば充分です。これを1セットとして1日に2回から7回程度、自分の可能な回数を行ってみましょう。まずは起床後と就寝前を習慣づけてみてください!

これを毎日行うことです。日々コツコツと繰り返していけば1週間程度で効果を実感できてくるでしょう。くれぐれもやりすぎには注意!快感に溺れず、乳首を休ませてあげつつ行うことが大切です

3.大人の玩具を使う

 

View this post on Instagram

 

FORISE forさん(@forise.for)がシェアした投稿

快楽責めには必要不可欠な大人の玩具は、乳首開発にももちろん超効果的!道具を使うことに抵抗が無ければ是非1度は試していただきたい優れ物がそろっています。

おすすめ1つ目はニップルクランプ。クランプは両方の乳首を挟めるようになっているアイテムで、重りを用いて乳首開発を行います。チェーンの重みで段々と乳首が垂れ下がり快感に目覚めさせます。ネジタイプならクランプの強さも調節できるので初心者さんにもどうぞ!

おすすめ2つ目はニップルブラッシャー。乳首の先端の敏感な部分に吸い付くことができる電動ブラシです。また先端に突起が付いているものが多く、装着するだけで感度良好

おすすめ3つ目はU.F.O。ハンドフリーで行える乳首責め&乳首開発アイテムです。7段階の速度と7種類の刺激が選べ、自分のペースで刺激を強くしていけるので段階を踏まえた乳首開発におすすめです。

4.オロナイン軟膏を使う

 

View this post on Instagram

 

Akibi Mỹ Phẩm Nhật bảnさん(@akibicosme)がシェアした投稿

こちらは以前SNSにて、元男の娘AV女優である大島薫さんが公開していた開発方法です。用意するものは薬局で購入できるオロナイン軟膏と絆創膏

まずは乳首にオロナインを塗って、そこに蓋をするように絆創膏を張ります。1日経つごとに乳首にムズムズ感を感じますが気合いで我慢。そして3日、4日経つと乳首の薄皮が剥がれ始めます。ここでも我慢!気合いです。

そして晴れて1週間我慢できた日には、まっピンクの超敏感ドスケベ乳首が完成しているという方法です。この方法を試した多くの男性が「乳首の色が真っ黒だったのにかなりピンクになった」と感想を述べていらっしゃいますので、黒乳首にコンプレックスがあるマゾにもおすすめです(・ω・*)仮性陥没乳首でお悩みの方にもおすすめのようです

5.化粧筆を使う

女性のコスメ用品として使われる化粧筆。手にしたことがある方はご存知かもしれませんが、見た目よりもふんわり軽やかで柔らかく優しい触り心地です。これ、乳首開発にはぜひ使用したい道具なんです!

痛みや重りを用いた方法が苦手な方は、ぜひこの化粧筆で乳首や乳輪をフェザータッチしていきましょう。乳首を囲うように優しく円を描きながら、たまに乳首にそっと触れて……を繰り返してみてください。

いわゆる「くすぐったさ」は性的快感と密接な関係があります。化粧筆で触れているうちに強い刺激を渇望する瞬間が訪れますので、それを自分で焦らし続けましょう。この「焦らし」を毎日行うことで、乳首そのものの感度が上がって性感帯としての開発に繋がります。

まとめ~乳首で喘げるマゾはモテるのだ~

いかがでしたか?初心者の方からおすすめしたい乳首開発の方法をご紹介しました!

SM以外でプライベートパートナーがいる人は吸ったり噛んだりしてもらえれば少しずつ開発できますが、そのためには相手の理解も頻度も大切ですよね……。やはり、セルフ開発の術は知っておくべし!ぜひキュートな敏感チクビになって、S女性を喜ばせて差し上げてくださいね

今回も最後までお読みいただきありがとうございました更新情報をお知らせさせていただくTwitterも宜しくお願い致します!→@SM_Romantica